2020年02月02日

はじめまして!

この度、新しくサイトを開設しました!

ここではジャンルに囚われずに色々な分野から
シュシュが面白いと思ったものをどんどん紹介していきます!

これからどうか御贔屓に宜しくお願い致します┏○ペコ


管理人 シュシュ
posted by シュシュ at 00:00| Comment(47) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

星探3 hoshi saga3


ステージに隠されている星をみつけがすゲームです

シュシュ自身がかなりはまり込んだゲームです
やった事ある人もおおいのではないでしょうか?

1,2,3とまとめて掲載しますのでお時間のある方はどうぞ。



続きを読む
posted by シュシュ at 00:00| Comment(14) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

2010年の『W杯』で殺されないために読んでください

2010年の『W杯』で殺されないために読んでください 『北京オリンピック』が閉幕したいま、2010年に『FIFA W杯 南アフリカ大会』の開催をひかえている南アフリカ共和国に注目が集まっている。しかし、南アフリカ共和国の実態をよく知る人々は口々に「死人が出るのではないか」「開催地を変更したほうがよいのではないか」と、不安を語っている。それもそのはず、地球上でいちばん最悪な都市といわれるヨハネスブルグがあるのが、南アフリカ共和国なのだから。

南アフリカ共和国の首都はプレトリアだが、そのプレトリアに隣接した都市としてヨハネスブルグがある。ヨハネスブルグは南アフリカ共和国のなかで人口がいちばん多い都市であり、犯罪発生率もダントツ。「道を歩けばレイプ魔に当たる」という状態なのだ。作家のクーロン黒沢氏が著者のひとりとして執筆した『乱世のサバイバル教典』ではヨハネスブルグの治安状態を以下のように語っている。


続きを読む
posted by シュシュ at 20:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本とは違う中国の『吉野家』! どこが違うの?

0106.jpg 2008年、北京オリンピックで白熱した中国の北京市には、多くの外資系飲食店が ”食という競技場” でオリンピックにも負けない戦いを繰り広げていた。
ケンタッキーフライドチキンはマクドナルドに負けじと、あらゆる場所に店舗をかまえている。マクドナルドはマクドナルドで、繁華街には必ず複数の店舗が存在する。そんななか、独自のペースで営業を続けているのが、吉野家だ
ケンタッキーフライドチキンやマクドナルドに比べて店舗数がはるかに少ない吉野家だが、北京っ子たちの人気スポットになっている。タイでは牛野屋というパクリのような店舗が建てられてしまったが、北京ではちゃんとした吉野家が正式に営業を続けているようだ。

でも、日本と同じ味なのだろうか? ということで、取材班が吉野家に潜入取材を決行! どんな味なのか、実際に食べてみることにした。店舗に入ってみると、日本の吉野家では信じられないくらいの広さで、カウンターテーブルではなく、2〜4人が座れるテーブル席のみだった。
注文はカウンターでするというタイプで、カウンターのデザインはマクドナルドなどと同じような感じになっている。メニューは多彩で、コーラと漬物、牛丼がセットになったコンボセットもあった。しかし、セットメニューはいきなり倍ほどの金額になるため、今回は普通の牛丼のみを注文した。
どんぶりは日本のものより小さい。気のせいかもしれないが、円周が小さくなって、底が深くなっているように思える。見た目としては汁が少ないように思えたが、実際に食べてみると汁は少なくて正解だというのがわかった。そう、しょっぱいのである。日本の吉野家はホンノリと甘みがあり、それでいてうまみがある。北京の吉野家は、うまみはあるものの、甘みは少なく、そのかわり塩分濃度が高まっているように感じた。

きっとこれは、味が濃いオカズ一品で何杯もご飯をたべてしまう中国人向けの牛丼なのだろう。この牛丼に限らず、中国の料理は味が濃いものが多い。特に北京のホイコーローや麻婆豆腐はかなり味が濃い。四川料理は辛いが、北京はしょっぱいのだろうか? ご飯がもう一杯食べられそうなしょっぱさであった。

posted by シュシュ at 15:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界でもっとも視聴されたインターネット動画ベスト12! あの『スーザン・ボイル』もランクイン!


-300x187.jpg



英国のオーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で美声を披露し一躍時の人となった普通のおばさん「スーザン・ボイル」。Youtubeの動画では4000万回の再生数を超える動画も出てきておりその凄まじさは衰えるところをしらない。

しかしながら、この4000万回という数字は世界でみたとき一体何番目くらいなのだろうか。イギリスのニュースサイト・テレグラフが22日(現地時間)発表した『世界でもっとも見られたインターネット動画ベスト12』が興味深いのでここで紹介させていただこう。

なおYouTube、マイスペース、デイリーモーションなど主要動画サイトの再生回数を調査したもので、例えば日本のニコニコ動画などは含まれていない。(またサイト内だけで再生された数だけを集計している。)

続きを読む
posted by シュシュ at 12:00| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。